TOS学習塾

一人ひとりの”可能性”を引き出す学びの空間

発達障害の学習支援

「障害」というより「個性」と呼びたい。

発達障害とは

発達障害とは「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害、その他これに類する脳機能障害であって、その症状が通常低年齢において発現するもの」(発達障害者支援法における定義 第二条より)と定義されており、それぞれの総称として「発達障害」とよびます。
また、各障害の特徴は以下の図のような関係となっています。

「発達障害」の図

得意分野の能力が高い

各タイプは特徴が重なり合っていること、年齢や環境で変化することから、明確に診断することは大変難しいとされています。
発達障害というと、苦手な特徴が目立つため、障害という言葉が使われていますが、実際は苦手な特徴と優れた特徴のばらつきが大きい、得意なところはかなり能力が高い子も多い、というのが事実です。

発達障害のお子様に対するTOSの考え方

●その子自身を知ること
その子は何が得意で何が苦手か。
どういう方法だと理解しやすく理解しにくいか。

●寄り添うこと
自分はダメだと自信をなくしています。
ダメな子ではないこと、苦手なことはどう捉えるのか、自分にあった方法があるということを伝えていきたいと考えます。

●苦手なことはその子に合った方法で訓練すること
その子に合ったやり方、すすめ方、捉え方を一緒に探していきます。

生徒募集中

電話番号