転入希望の方へ

転入の対象となる方

現在の状況が不登校いかんにかかわらず、日本国内の高等学校へ在籍している方を対象としております。休学中の方も対象となっておりますが、一度退学された方は編入という扱いになります(詳しくはお問い合わせください)。

TOS高等学院は、長野県上田市に本校がある
さくら国際高等学校提携の通信制サポート校です。

スクーリングについて

通信制高校の仕組みの一つであるスクーリングは、本校へ行かなくてはいけませんが、関東に在住の方は東京都渋谷区代々木にある【さくら国際高等学校東京校】に年5回以上参加することになっております。※2024年度のスクーリングからは相模大野でも受けられます。

転入の受入れ期間について

4月~12月であれば随時受け付けております。

高校卒業までの単位取得について

国の定める高校卒業要件
3年間以上在籍・74単位以上取得

通信制高校の場合 <単位制>

自分で自由に履修単位数を決められます

3年間で
74単位

全日制高校の場合 <学年制>

学年ごとに単位を取得する

私立高校での例
1年生:35単位を取得
2年生:25単位を取得
3年生:14単位を取得

公立高校での例
1年生:25単位を取得
2年生:25単位を取得
3年生:24単位を取得

転入後から卒業までの流れについて

高校1年生

単位はほとんど取得されていないケースが多いので、転入のタイミングから3月までの期間と2学年次、3学年次で74単位を取得します。

高校2年生

74単位 - 1学年次で取得済の単位数 = 残単位数を転入のタイミングから3月までの期間と3学年次で取得します。

高校3年生

74単位 - 1、2学年次で取得済の単位数 = 残単位数を転入のタイミングから3月までの期間で取得します。
※さくら国際高等学校の、1年間で取得できる単位数の上限は36単位となっております。そのため1、2学年の合計取得単位数が38単位未満であれば、転入年での卒業はできません。

公立高校での例
1年生:25単位を取得
2年生:25単位を取得
3年生:24単位を取得

1年を通して授業・テストを受け合格し、取得した単位だけを通信制高校へ引継ぎできます⚠

⚠学年の半ばで転入・編入すると、その学年で取得した単位の引継ぎはできません⚠

全日制高校の多くは学年制のため、単位を取得するのは学期ごとではなく進級のときです。

もし2年生の2学期途中で転入を検討した場合、引き継げる単位は1年生で取得した25単位のみとなります。2年生1学期で取得した単位(通常8単位程度)は引き継げません

通信制高校であればタイプに合わせて
取得単位のバランスを考えられます

転入手続きについて

ステップ1

ご来校していただき面談

ステップ2

エントリーシートの提出

ステップ3

面接

ステップ4

願書の提出

ステップ5

合格発表

さくら国際高等学校在籍校の間で、転出入書類のやり取り(※さくら国際高等学校側が行います

ステップ6

必要書類の提出

ステップ7

学納金の納付

このような方は、まずはご相談を!

不登校が続き、欠席猶予日数を超えてしまい、このままだと留年になる

卒業後の進路が決まっていない

自分のペースで高校卒業を目指したい

確実に高校を卒業したい

留年することなく、入学年次からの学年で卒業したい

今の学校が合わない